前へ
次へ

うつ病の発症要因と症状について

現代は、オーバーワークや職場関係等により、多くの人たちが心身疲労に陥っています。
それ以外にも、家庭問題や親族問題などから、過剰なストレスを感じるケースが少なくありません。
休息の場であるはずの家庭でさえ安らげないので、ストレス蓄積が心身の異常につながるわけです。
こうした状態が長く続けば、通常の精神生活を営むことが困難になり、うつ病を発症する下地となります。
従来、うつ病を発症するのは、精神的な障害を抱えているか、特別な社会条件が加わった場合でした。
ところが、現在は誰もが発症するリスクを抱えており、実際、働き盛りの若い世代に多くの患者が存在しています。
若い世代に多いうつ病としては、非定型型が挙げられます。
特徴としては、理由もなく涙が出るなど、突然抑うつ気分に襲われます。
また、気分が落ち込んだ後には、直ぐに元の状態に回復するのも特徴です。
その他、他人の些細な言動によって傷つきやすいのも特徴で、これはうつ病全体に共通して言えることです。
要は心が弱くなっているために、自己防衛反応も弱くなっているわけです。
このような症状が現れた際には、速やかに専門の医療機関を受診する必要があります。

Page Top