前へ
次へ

全国の患者数はおよそ360万人とも

ケガや内臓疾患など、病院は体を治療するほか、心も治してくれる医療施設です。
心の治療は精神科が専門ですから、うつ病などの疑いがある時は早めに受診しておきましょう。
また、精神科と並んでうつ病の治療を提供しているのが心療内科です。
そこで、精神科という言葉の響きから受診するのに抵抗があれば、心療内科へ行くのも得策です。
ただし、実際は精神科と心療内科では取り扱う症状が異なります。
精神科は不安やイライラなど、主に精神的な症状が専門であり、心療内科はそれらが要因となって引き起こす身体疾患が専門です。
とはいえ、メンタルクリニックならどちらにも対応しており、そちらへ通う場合はそれほど気にする必要はありません。
いずれにせよ、うつ病は子供から高齢者まで発症する病気です。
患者数は全国でおよそ360万人とも推測されており、珍しい疾患ではなくなってきています。
早期発見がポイントですから、おかしいと思った時は気軽に受診しましょう。

Page Top